社長ダイアリー|blog|タカノホームリノベーションサイト 福岡 リフォーム

President diary社長ダイアリー

社長ダイアリー|blog|タカノホームリノベーションサイト 福岡 リフォーム社長ダイアリー|blog|タカノホームリノベーションサイト 福岡 リフォーム

前回に続き、企業理念の続編になります。

 

今回のブログのテーマは

ビジョンを実現するためにやるべき

ミッションについてです。

 

私たちはミッションを

次のように定義しました。

 

「 Styleに寄り添い Senseをカタチに・・・」

 

私たちは お客様の「くらし」の中にある Styleに

寄り添いながら Takano Qualtityをもって

仕立てるセンスを大切にしていきます。

 

 

 

お客様のライフスタイルというのは十人十色です。

だからこそ、私たちはお客様の

表にでてくる欲求だけではなく

裏欲求を察することが大切だと考えています。

 

そして「仕立てるセンス」という言葉が

キーワードになります。

 

新築を異業種のアパレルで例えると

注文住宅は、オーダースーツみたいなもので

お客様に一つ一つ、

襟や袖のカタチ、ステッチの入れ方、ボタンや

スーツのラインなど、すべて細かく選んでいただいて

カタチにすると、どのようなスーツになるでしょうか?

 

決してオシャレなスーツになるとは思えません。

 

たとえば

どのような場面で着こなすスーツなのか

どのような印象をのこしたいスーツなのか

などなど、

スタイルについてプロにヒアリングしてもらい

コンセプトを決めた中で、提案してもらう方が

よっぽどオシャレなものができると思います。

 

でも店員さんによっては

お客様にすべて選んでいただいた方が

変なスーツが出来上がったとしても

文句を言われることもなく、

責任が生じることもなく楽だから

すべてお客様に責任を委ねようとします。

 

でもこれでは、プロではないと思います。

 

住まいづくりにおいても、

私たちはこの

「仕立てるセンス」ということが

とても大きなミッションだと思っています。

お客様の言われたことだけを

形にするのではなく

お客様のくらしをヒアリングした中で

私たちの考えや提案をきちんと盛り込んだ形で

お客様を導いていくことが

大切だと感じています。

そのために、私たちは

常に成長し高いスキルや感性を

磨いてくことが使命だと思っています。

 

また、注文住宅だけの話ではなく

次のようなケースもあります。

 

私たちタカノホームの事業は

新築・リノベ・リフォーム・不動産ですが、

日々、多岐にわたる色んな相談を受けています。

 

お客様が不動産の売却の相談で

ご来店されたときには、

何のために売却されるのか

もしかしたら、リフォームされて賃貸に

した方が良いかもしれません。

 

中古住宅の物件のお問い合わせがあり、

お話をお伺いする中で

中古住宅を購入されてリノベーションという

選択肢をご提案し、

実際に中古×リノベで

素敵なお住まいを、手に入れられた

お客様もいます。

 

お客様が一つの選択肢をもって

ご来店されたとしても

お客様にとって

なにが一番良いのか

私たちがプロの目線で考えて

あらゆる角度から精査し

お客様のこれからの

マイホーム計画そのものについて

導いていくことが

「仕立てるセンス」ということにも

繋がると思っています。

 

お客様の言われた通りではなく

お客様のためになることを徹底的に考え

導いていける会社でありたいです。

 

次回のブログでは、

タカノホームのバリューをご紹介します。

 

鷹野 耕治

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全131ページ中)

President diary

代表取締役社長 鷹野耕治
2019年03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

スタッフダイアリー
ページトップへ

Copyright(C) TAKANO CONSTRUCTION CO.,LTD