社長ダイアリー|blog|タカノホームリノベーションサイト 福岡 リフォーム

President diary社長ダイアリー

社長ダイアリー|blog|タカノホームリノベーションサイト 福岡 リフォーム社長ダイアリー|blog|タカノホームリノベーションサイト 福岡 リフォーム

新築やリフォームをして、入居してから
目がチカチカしたり、喉の痛み、めまい
吐き気、頭痛などの体調不良を起こした時の
症状の一つとしてシックハウス症候群と
言われます。
これは、新建材に含まれる防腐剤や接着剤など
に含まれる揮発性の化学物質(VOC)が原因であることが
解明されています。
自然素材ではなく、合板やビニールクロスの
新建材を使って気密の高い家にすると
室内の空気循環を悪くして揮発するVOCが外に抜けず、
空気が汚染されていきます。
気密の高い家やマンションに特にシックハウスの被害が
多いのはこうした原因と思われます。
せっかく新しい家に入居したのに、
このような病気になってしまっては、
どうしようもありません。
合板やビニールクロスは、コストも安くて手入れもしやすく
戦後の住宅経済成長の中でかなり多用されてきましたが、
その結果、このような問題が発生したのです。
室内の空気が汚染されているかどうかというのは、
目には見えないので判断できませんが、
もし、合板やビニールクロスを多用されている方は、
掃除を欠かさず、窓を開けて換気を心掛けられる
ことをオススメします。
また、これから新築・リフォームをという方は、
見た目だけではなく、素材についても
厳選されることをご提案します。

鷹野 耕治

記事一覧 | 2010年02月

  • 1 /
  • 2 /

1ページ (全2ページ中)

President diary

代表取締役社長 鷹野耕治
2021年09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

スタッフダイアリー
ページトップへ

Copyright(C) TAKANO CONSTRUCTION CO.,LTD