社長ダイアリー|blog|タカノホームリノベーションサイト 福岡 リフォーム

President diary社長ダイアリー

社長ダイアリー|blog|タカノホームリノベーションサイト 福岡 リフォーム社長ダイアリー|blog|タカノホームリノベーションサイト 福岡 リフォーム

先日の研修は、知って得する補助金の活用についてでした。
100年に一度の大不況と言われる中の景気対策であり、
京都議定書のCO2の削減におけるエコという観点から
様々な助成金や税制の優遇措置が行われています。

・長期優良住宅・オール電化・太陽光発電・省エネリフォーム改修など
様々な助成金はありますが、気になったのは太陽光発電です。
太陽光発電は現在250万程度で、助成金も28万の助成があるため
費用は222万ほどになります。
ランニングコストで考えると17〜18年で回収できるので
オススメ!という話でした。

でも実際は、新築時に住宅ローンで一緒に借入をおこなった場合、
35年返済 222万の借入にすると金利3.0%で
総支払は358万です。
そうなると、358万は17〜18年で回収はできません。
10年程度でパワーコンディショナーの交換が必要ですし、
シリコンの劣化を考慮すると、期待寿命は20〜30年ということで
まだ今のところは何とも言えないような気がします。
もちろん、ローンを組まず現金で設置できれば問題ありませんが・・・

但し、太陽光の普及は2020年に10倍、2030年に40倍に普及させて、
最初の導入価格も5年後には現行の半額程度を目指し、
今年の秋には売電価格も倍になる予定もあるようで、
今後の政策を楽しみに見ていきたいと思います。


鷹野 耕治

記事一覧 | 2009年07月

  • 1 /
  • 2 /

1ページ (全2ページ中)

President diary

代表取締役社長 鷹野耕治
2021年09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

スタッフダイアリー
ページトップへ

Copyright(C) TAKANO CONSTRUCTION CO.,LTD